豊洲市場移転に伴う今後の計画と所見ー地下鉄8号線延伸・BRT・交通対策、風評被害対策

先週、江東区議会にて、 清掃港湾・臨海部対策特別委員会案件があり、東京都から豊洲市場移転に関する説明がありました。

なお、同日に、BRTに関する計画も発表されましたので合わせてみてみたいと思います。

今回は、交通対策と風評被害対策など諸課題に関してです。

A.交通対策
・概要
  1. 交通アクセスの拡充
    1. 新橋駅及び東陽町駅から豊洲市場へのバス路線の 新設
    2. 地下鉄8号線の整備
      1. ※ 引き続き、都として主体的に関係者との協議、調整を進め、今年度中を目途に、地下鉄8号線延伸のための事業スキームの構築に向け取り組んでいく。
  2. 地域の交通安全
    1. 開場後の地域の交通安全の確保と円滑な道路交通の実現のため、関係部署と調整中
    2. 市場業者に対して、幹線道路を利用してもらうための交通推奨 ルートを提示し、車両を分散させることにより、交通混雑を防止し、円滑な道路交通 の確保を図る
    3. 駐車場及び待機スペースも十分に確保し、違法駐車や交通渋滞の防止に 取り組んでいく。
      1. 地域住民の方々からは、過去に起きた交通事故を踏まえた要望が寄せられて おり、こうした要望に十分配慮する。
      2. 生活道路への市場関係車両の流入を防止し、地域における交通安全の確保を 図る。
      3. 広域搬入・搬出車両に対しては、幹線道路の利用の徹底を呼び掛けていく
  3. 環状2号線
    1. 段階開通
      1. 【第1段階】暫定迂回道路
        1. 開通時期 ・市場の移転完了後、1ヶ月 以内に開通
        2. 整備形態 ・市場内通路を活用し整備 ・往復2車線
      2. 【第2段階】地上部道路
        1. 開通時期 ・2019年度末に開通
        2. 整備形態 ・築地大橋と新大橋通りの青果門前交差点 を滑らかに結ぶ線形 ・往復2車線
      3. 【第3段階】本線トンネル
        1. 開通時期 ・2022年度に開通 
        2. 整備形態 ・本線トンネル 往復4車線 (側道 往復2車線)


          (※委員会資料)

  4. BRT
    1. スケジュールと、ルート(停留所)
      こちらは、BRTの資料からの引用になりますが、目新しいところとしては、晴海豊洲ルートの終点が豊洲駅から市場前に変わりました。


      (※都心と臨海地域とを結ぶBRT に関する事業計画より)

    2. 運航概要

    3. 補足
        1. 環状2号線の計画とみるとわかりやすいのですが、2022年度以前は、築地大橋ー新大橋通までが片側1車線となり、スムーズな運航ができないのではないでしょうか。
        2. どらっさんのブログが詳しいです。
        3. ルートと停留所をGoogleMapで作ってみました。

・所感など
  1. 交通アクセス
    1. 交通アクセスに関しては、トラック・車に加えて、8号線、BRT、都バス、既存の有楽町線、ゆりかもめで広域および地域(豊洲)内交通を担っていくと思います。しかし、自動車に寄っているので、将来的に他の交通アクセスも必要ではないか?
    2. 「幹線道路を利用してもらうための交通推奨 ルートを提示・・」とあるように、今後、渋滞や交通事故、待機車両による治安悪化を防ぐために、規制等によるソフト的な対策が必要ではないか。具体的には、豊洲6丁目スカイズ付近、豊洲1-5丁目、有明の幹線以外の生活道路の侵入規制や、晴海通りや三つ目通り、有明通りにおける駐車禁止を徹底するなど。
    3. 8号線に関しては、「今年度中を目途に、地下鉄8号線延伸のための事業スキームの構築」とあるので、早期に開通してほしい。豊洲市場の道路状況を改善するためには、将来的に、地下鉄延伸部分を豊洲市場や品川方面に抜けさせるのも必要ではないか?
    4. 将来的に、首都高晴海線を、晴海ICから首都高環状線につなぐ必要があるのではないか?
  2. 対策
    1. 交通対策は、事前計画が万全とは言えないので、継続的に協議が必要
  3. BRT
    1. 晴海豊洲線の終点が豊洲市場になったのは、交通渋滞と定時運行が気になりますが、自家用車からBRT利用を促すこととセットで運用すればいいのかと思います。
  4. 地域の交通安全対策
    1. ツイッター上の市場関係者とも割れる方の発言を見ると、路上駐車する気満々であるのが気になる。
    2. ただ、数年前より東京都は市場関係者の駐車場は用意されているため、路上駐車はないと町会自治会の役員などに対して説明してきたのは、忘れないからね。
    3. 交通対策は、事前計画が万全であるといえないのd、継続的に協議が必要
B,諸課題対応
概要
  1. 風評被害払拭に向けた取組 
    1. 豊洲市場用地におけるイベントの実施
    2. 都民見学会の実施
    3. 都内・国内各地のイベントへの出展
    4. 産地や小売業者向けPR
  2. 江東区との協議組織
    1. 豊洲市場の開場に係る課題を協議するため、江東区及び東京都において、「豊洲市場 開場に係る都区連絡調整協議会」を設置
      1. 主な協議事項 ○環境対策(土壌汚染、風評被害、まちづくり等)に関すること ○交通対策(地下鉄8号線の延伸を含む)に関すること ○豊洲市場と一体となった賑わいの場の整備に関すること
所感
  1. 風評被害払拭に向けた取り組み
    1. 2年前の豊洲エリアのバッシング報道もあるため、豊洲市場のみならず、豊洲エリア全体のブランドイメージ向上施策をすべき。
  2. 協議組織
    1. 地域の交通安全における諸課題もあるので、地元住民も含めて協議していくべき

千客万来施設もあるのですが、後日書こうと思います。

さて、豊洲住民としては、東京都及び市場が、移転に伴う約束(にぎわい施設整備、交通対策、土壌汚染対策)はしっかりやって頂くことは前提で、豊洲地域とうまくやっていただければと思います。住民・保幼/小中学校/高校大学・オフィス・商店/ショッピングセンターと、うまく共存地域している地域ですので。

また、そのためにも、地域環境を継続的に考えていけるような施策を講じてもらいたいと思います。

参考/引用:江東区議会ホームページ 委員会資料閲覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。