アマゾンフレッシュ&ネットスーパーを比較してみました Part1



今日から、アマゾンフレッシュが利用できるようになりました。当初の利用エリアは、港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区とのことです。早速、今朝注文しまして、今晩届きます。

 

まず、利用方法ですが、アマゾンのホームページから利用できます
(アプリがあるとのことですが、確認できていません)

通常のネットスーパーと同様、配送日時を指定して購入商品を選ぶことになります。

 

■利用料金(基本)

利用金額は、プライム会員入会が必須で3900円、追加で月々500円が必要です。

また、現在、最初の30日間はこの月会員が無料となっています。

■他のネットスーパーとの比較

完全にイトーヨーカドーなどのネットスーパーと被るサービスになるわけですが、利用者としてどのサービスがいいかを比較してみたいと思います

 

〇基本料金

アマゾンフレッシュは、年間3900円+月々500円で、年間10,000円弱がかかるわけですが、他のネットスーパーは無料です。

ここがまず大きなポイントです。

 

〇配送料金が無料になる金額

アマゾンに限らず、ネットスーパーは一定の金額以上の購入になると配送料金が無料になりますが、各スーパーを比較してみましょう

なお、以下の店舗を利用しての現状の金額です

・イトーヨーカドー木場店

・イオン東雲店

・西友

・マルエツ清澄白河店

・アマゾンフレッシュ

の前提です。さて、各社の配送料金が無料になる金額は以下の通り。

・イトーヨーカドー:6000円

・イオン:5000円

・西友:5000円

・マルエツ店:1800円

・アマゾンフレッシュ:6000円

ここでは、マルエツの1800円というのが光ります。

金額が高いとどうしても余計なものを買ってしまうので、消費者にとってはこの金額が低いのは魅力的です。

 

〇配送時間と込み具合

実際ネットスーパーを利用してみると、配送日時の制約があり使い勝手に差が出てきます。

写真は、今日の13時半前後の発送可能時間になります

☆イトーヨーカドー

・利用可能時間:11時ー22時

・発注可能日数:1日後まで

・込み具合:本日は20-22時が残りわずかで開いており、明日は、午前中がNGです。

また、配送時間が同じでも、締め切り時間が異なる便があるのが特徴的です。

☆イオン

・利用可能時間:10時ー22時

・発注可能日数:1日後まで

・込み具合:本日はNG、明日は、午後2時以前、午後8時以降がNGです。

 

☆西友

・利用可能時間:10時ー22時

・発注可能日数:3日後まで

・込み具合:本日はNG、明日は、午前中がNGです。

ヨーカドーやイオンでは、注文翌日までですが、3日後までの発送が予約できますね。

 

☆マルエツ

・利用可能時間:12時ー21時

・発注可能日数:2日後まで

・込み具合:本日はNG、明日は、20時以降がNGです。

最低金額が一番安いこともありますが、他のネットスーパーと比べると配送便が4便と少なめです。

☆アマゾンフレッシュ

 

・利用可能時間:8時ー24時

・発注可能日数:27日後まで

・込み具合:本日は18時までNG、明日は、全ての時間帯OKです。

込み具合に関しては、本日からのサービスインなので何とも言えませんが、利用可能時間帯が8時から24時までと長いことと、約1か月後の配送分まで予約できることが特徴です。

■基本サービスの比較表

上記のまとめた表です。

買うものがあまりない場合は、マルエツがおすすめです。
また、アマゾンが24時まで配達してくれるのは、帰りの遅いか家庭にとって魅力的です。

ただ、この比較は商品の品揃えが入っていませんので、次のブログでまとめてみたいと思います。

既存のネットスーパーでも差異があります。