トップは、港・江東・板橋、ワーストは、足立・葛飾・江戸川

昨年の10月に国勢調査が執り行われましたが、その速報が発表されました。

今回(平成27年)東京都の人口は、 13,513,734人で、 前回(平成22年)と比して 354,317人増えました。

また、区単位でも人口が発表されましたので、見てみましょう

 

まず下図は、23区の増加(平成27~22)の人口のトップ10になります。

1位は港区の38,259人の増加、2位は江東区の37,325人、3位は板橋区の26,113人になります。

港区、江東区はそれぞれ東京都の増加分の1割強を占めています。

top10

 

次に、ワースト10見てみましょう。

ワースト1位の足立区は唯一人口減少を始めていて、12,318人の減少です。正直驚きました。

2位3位は、葛飾707人の増加、江戸川1338人の増加です。

worst10

 

人口減少時代に向けて、東京23区内でも優勝劣敗が起こってきています。

地域間の競争が始めってきているといってもいいかと思います。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。