東京湾岸、友達の輪! 星川 太輔さん

東京湾岸地域で、ご活躍している方を紹介しています「東京湾岸、友達の輪!」

今回は、有明マンション連合協議会 会長の星川太輔のご紹介になります。

【プロフィール】

名前:星川 太輔 肩書き:有明マンション連合協議会 会長・管理組合法人ブリリマアーレ有明第6期理事長

年齢:38歳

湾岸歴:6年目

hosi

 

 

浅見:今回は、有明の星川さんのご紹介です。年齢的には私と同年代で、色々な形で有明でご活躍されています。それでは、自己紹介をお願いいたします。

 

星川:妻、娘(3歳)の3人家族です。有明にあるブリリアマーレ有明というマンションの5期・6期理事長、有明マンション連合協議会の会長を務めさせて頂いております。

有明マンション連合協議会とは有明にある5つのタワーマンション(3600戸、7600人)の理事会の連合体です。有明地区の自治会のようなものですね。

浅見:なるほど。5つのマンションの連合体の会長をされているのですね。私も一応、パークシティ豊洲の自治会長をさせていただいていますが、それが5つもあるとのことで、いろいろとご苦労されているのではないでしょうか。

それでは、お住まいのブリリアマーレ有明のご紹介をしていただけませんか?

 

星川:33階建て1085戸の超大規模高層マンションで最上階が全て共用施設になっており、25Mプールや露天風呂付きのスパ、エステルーム、本格イタリアンが最高の夜景を見ながら食べられるBARなど日本最大の共用施設を完備しています。是非遊びにきてください。

浅見:ぜひ。今まで、BARは、10回弱はお伺いしたことがありますが、私の知っている江東区内のマンションで、一番豪華ですよね。

それでは、東京湾岸地区に住まわれてどれくらい経ちますか?

 

星川:6年前です。結婚し新居を探しているときに、当マンションと出会いました。海が好きなので海沿いに住みたいという私の要望と江東区出身で地元がいいという妻の要望をあわせると江東区の湾岸地域ということになりました。

浅見:奥様が江東区出身なのですね。うちも、私よりも先に、妻が独身時代に東陽町に住んでいました。そうそう、海の景色は良いですよね。 東京湾岸地区の好きなところはどこですか?

 

星川:まずは海があるということ(笑)。

 

何よりまさにこれから急速な発展が見込まれるポテンシャルですね。

豊洲新市場にオリンピック・パラリンピック、有明北3−1地区の大規模開発など超大規模開発が目白押しな地域で、交通インフラもBRT整備など充実していく予定です。さらに青海の超大型クルーズ船対応の新埠頭開発もありますよね。

ハード面だけではなく。人の面でも大変若い地域です。人口統計から江東区全体と有明地区を比較したピラミッドを作成すると以下になります。

人口

30代から40代前半の比率が多く、あわせて子供特に未就学児の比率が高いということがよくわかります。物理的な開発も人もまさにこれから成長する。極めてポテンシャルの高い地域ということがわかります。

浅見:江東区南部地区の人口に関しては、こちらのブログでもよく取り上げていますが、2014年の日本において珍しい人口ピラミッドですね。メディアは、多摩センターや高島平と比較して報道しがちですが、環境が異なるので新たな街の成長がされるのではないかと私も思っております。それでは、東京湾岸地区のちょっと変わってほしいところは何ですか?

 

星川:湾岸地区というと幅が広いので有明地区だけに限って言いますと、これは行政に対して言いたい事になりますが今後のまちづくりを住民の意見も反映させてほしいですね。有明地区に4つできる新しい競技場のうち、3つは仮設ですのでオリンピック・パラリンピック以降は高層マンションの予定ですが、その計画についても東京都港湾局が一方的に決めた内容で住民の意向を全く汲み取る姿勢がありませんし、江東区は東京都がやることなのでと地元住民のサポートをして頂く姿勢すらありませんでした。世界的に注目される千載一遇の機会ですから2020年以降どうするかを行政だけでなく住民や地域企業、学校など一体となって街づくりを考えていきたいですね。

浅見:なるほど。良い街になっていくといいですよね。最後に、東京湾岸地区の街や人が今後どのようになっていけばいいと思いますか?

星川:現時点でもビックサイトがあり、オリンピック以降はオリンピックレガシーを生かした街づくりをしていく必要が有ります。また有明地区は未就学児が15%と江東区平均の倍以上いる非常に子供の多い地域ですから私は国際色豊かな地区にしていきたいですね。子供たちの為にも世界との接点をハード・ソフト両面で日常から感じとれる環境づくりをしていきたと思っています。

浅見:そうですね。オリンピックの後に、街がどのようになっていくかを考えていきたいですね。子どもたちも、この地に育って良かったと思ってもらえるような環境を大人たちが整備してあげたいですね。いろいろと、ありがとうございました。

星川さんは、精力的に有明の街のために尽力されていることが改めてわかりました。今後も、ご活躍を願っています。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。