交通事故にあわないように。事故の起こりやすい場所を認識しておきましょう 2


警視庁のサイトで、交通事故発生マップというのがあり、死亡事故及び負傷事故が起こった場所が地図上で分かります。

今回は、豊洲、東雲、有明地区の事故の起こりやすい場所を調べてみました。

まずは、広域の全事故に関する発生を色別にあらわした地図です。

銀座や勝どきに比べると少ないですが、晴海通り沿い、湾岸線沿いに発生しており、中でも豊洲駅及び東雲イオン前付近が多いように見えます。

WS000101

 

次に子供の事故に限った発生地図です。今回事故のあった有明地区は、昨年度負傷事故が起こっていないようですが、東雲のイオン周辺が多いように見えます。

WS000102

もう少し、地区ごとに見てみましょう。

まずは、豊洲エリアです。子どもの事故に関する発生地図になります。

なお、見づらいですが、黒い丸の箇所が実際に負傷事故の起こった場所のようです。

ららぽーとアネックスのハック前の晴海通りの横断歩道、フロントコート前の三つ目通り、豊洲公園の入り口の交差点で負傷事故が発生したようです。

WS000109

こんどは、歩行者の負傷事故です。

晴海通りでは、パークシティ豊洲とユニシス間、パークシティ豊洲とIHI間、ららぽーと豊洲ハック前、
豊洲駅前交差点。IHIビルマクドナルド前交差点、豊洲公園入り口前にて歩行者の事故が発生しているようです。

WS000110

 

次に東雲地区、まずは、子どもの事故です。
色が濃いですので、狭い範囲で多くの事故が起こっています。
イオンとパチンコ屋の間、グランチャ前、イオンの駐車場(一階)入り口付近のT字路、ビーコンタワー前、東雲一丁目交差点で事故が発生しています。

WS000112

 

歩行者の事故ですが、
イオンとパチンコ屋の間、イオンの駐車場(一階)入り口付近のT字路、ビーコンタワー前、東雲一丁目交差点で事故が発生しています。

WS000111

 

最後に、有明で、子どもの事故です。ご覧のようにこの地図からは、平成25年度は発生していなかったようです。

WS000113

 

歩行者の事故は、ディファーの前で一件起こっています。

WS000114

 

晴海通りや三つ目通りの幹線道路と、東雲のグランチャを中心とする近辺は事故が多いように見えます。
歩行の際、大人たちは自分で気を付けるとともに、子ども達にも注意してわたるよう教えてあげてください。

また、車を運転される方は注意していただければと思います。トラックも多いですので、何かしらの対策ができないものでしょうか。

 


2 thoughts on “交通事故にあわないように。事故の起こりやすい場所を認識しておきましょう