3月24日(月)昭和大学江東豊洲病院開院

いよいよ、来週の月曜日に昭和大学江東豊洲病院が開院されます。コンセプトは、「女性とこどもにやさしい病院」です。
先日は内覧会、本日は記念会が開かれたので参加いたしました。

まず、内覧会の様子です。

1780243_681005615278617_1312884749_o

 

場所は、ボルボが入っているビルの豊洲プライムスクエアの奥になります。隣には、豊洲西小学校が建設されています。

 

1891538_681005528611959_1935880644_o

こちらは、一見ビジネスホテルに見えますが、病室です。個室と、4人部屋と6人部屋を見学しました。

個室には、シャワーもついていましたね。

1962386_681005531945292_142310786_o

 

 

 

 

 

こちらは、子ども用の病室のベッドです。かわいらしいですね。

 

1510503_675010345878144_1340989091_n

こちらの病院は、周産期センターを機能として持っています。

1969362_680953088617203_1151886515_n

 

さて、本日の記念会で山﨑江東区長が話していましたが、平成19年から取りかかり
わずか6年で開業に取り付けました。

当時、都立墨東病院で江東区在住の妊婦の事故があり、その事故を無駄にしないこと、
及び、江東区南部地区の人口増加に対応すべくこの病院を開設することにしたとのことです。

病院の関係者もおっしゃっていましたが、開設まで平坦な道のりではなかったようですが、
東京都などのサポートもあって、開設を迎えることができたようです。

子どもを持つ親として、子どもの病気やけがの対応、出産ができる病院が江東区内に開設される
ことは、とても喜ばしいことです。
また、先の墨東病院は、錦糸町・亀戸地区にある病院ですので、豊洲や江東南部地域だけでなく
、亀戸や砂町の住民にとってもよかったなと、個人的に思います。

 

1907685_681005545278624_2090529530_o

 

こちらの写真は、昭和大学病院から撮影した豊洲西小学校の様子です。
来年には開校です。
今後は、豊洲6丁目の方向の開発が進みます。

さて、本日の会は、豊洲地区の町会・自治会として参加しましたが、
マンションに依っては自治会が無かったりします。

市場などの開発もそうですが、行政も含んだ開発は特に自治会を経由
して情報が入ってきますので、住民の総意をとるのは難しいですが
自治会の無いマンションは作ったほうが良いのではと個人的には思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。